岡山市、倉敷市でメンタルケア カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 岡山店まで

青少年カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 岡山店

岡山市、倉敷市でメンタルケア カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 岡山店まで


 
ホーム カウンセリング料金 お話相手サービス よくある質問
心の翼岡山店 ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約 お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
がTEL予約受付休業日
カウンセリング年中無休です。
が臨時休業日です。

2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
がTEL予約受付休業日
カウンセリング年中無休です。
が臨時休業日です。

2024年2月25日更新

 

  アダルトチルドレンのカウンセリングについて



アダルトチルドレンとは子供時代に親や養育者との関係で負った何らかのトラウマが現在の人格形成や生きづらさに影響を及ぼしていると感じている状態を指します。

元々はアメリカでアルコール依存症のある親のもとで育った人と言う意味で使われていましたが、現在では

アルコール依存症だけでなく、薬物依存症、セックス依存症、ギャンブル依存症等

の親や養育者元で育つことや機能不全家族のもとで育つことなどによるトラウマが現在の人格形成や生きづらさに影響している状態として使われるようになっている。

機能不全家族とは本来安全な場所であるはずの家族が何らかの要因でその機能を十分に果たせない状態になっていることを示します。

要因には親や養育者に依存症がある、虐待やネグレクト、家族同士の不仲による対立や生活貧困、子どもに対する過剰な期待など様々ある。

親や養育者に依存症があったり、虐待などを行う機能不全家族の場合、家庭は子どもにとって「安全な場所」でない可能性がある。

そして子ども時代に受けたトラウマは強い後遺症を残すことがあります。 中にはあまりにつらい体験を忘れたくない為に無意識のうちにその体験を忘れてしまったり、自分自身が傷ついていたことすら認識できないという人もいる。

知らず知らずのうちに溜め込んでいた感情が抱えきれなくなった結果、自身も依存症になってしまったり、怒りと攻撃性を爆発させ、問題行動を起こす場合もある。

一方、目立った問題を起こさない人めいるが、そうした人も生きづらさを感じており、二次的に精神疾患を発症することがある。

二次的な精神疾患の例として、

依存症、うつ病。不安障害、PTSD、摂食障害が挙げられる。

症状に対する治療として具体的にはトラウマに関する症状や不安、抑うつ、依存などに対する薬物療法、カウンセリング、認知行動療法がある。

当店ではアダルトチルドレンに対するカウンセリング、認知行動療法を行っております。

カウンセラーに色んな悩みを話すことで気持ちが楽になったり、また認知行動療法で現在の自分の考えを変化させることによって生きづらさから開放されることもありますので、

是非、当店でカウンセリングを受けることをお勧め致します。





内閣府特別機関 日本学術会議協力学術研究団体
メンタルケア学術学会認定
★メンタルケアカウンセラー

心の翼 岡山店 店長
心理カウンセラー
今泉 勝 (Imaizumi Masaru)

通称(まっさる)
★ご利用の流れはこちらから

  
 

  アクセスマップ  ・Access Map・




岡電バス岡南営業所より西へ徒歩5分 JOYFIT奥田店南側


Copyright © 2008 メンタルケアサロン心の翼 岡山店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 岡山店