岡山市、倉敷市で妄想性障害のメンタルケア カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 岡山店まで


 
ホーム カウンセリング料金 お話相手サービス よくある質問
心の翼岡山店 ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約 お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
がTEL予約受付休業日
カウンセリング年中無休です。
が臨時休業日です。

2024年6月1日更新

 

  心の翼 岡山店/妄想性障害カウンセリング



【妄想性障害とは】

「妄想性障害」は、一般的には精神疾患の一種を指します。具体的には、「妄想性障害」は主に被害妄想や被迫観念妄想が支配的な症状を持つ障害のことを指します。


被害妄想(Persecutory Delusions)>
本人に対して異常な危害や迫害が加えられているという信念が強い特徴があります。現実には何もないのに、他者が陰謀を巡らせていると感じることがあります。


被迫観念妄想(Delusions of Reference)
日常の出来事や他者の言動などを自分に関連づけ、個別の意味が自分に向けられていると錯覚する傾向があります。


【妄想性障害とうつ病との関係性】

妄想性障害とうつ病は、両方とも精神疾患の一部であり、同時に存在することがありますが、それぞれ異なる症状や特徴があります。

以下は、妄想性障害とうつ病の関係性についての一般的な観点です。


妄想性障害とは
妄想性障害は、特定の妄想が主な症状となる精神疾患です。
被害妄想や被迫観念妄想が特徴で、患者は現実と異なる信念にとらわれることがあります。

感情の変化や意欲の低下がうつ病とも関連していることがあります。

うつ病とは
うつ病(うつ病気障害)は、気分の低下、興味や喜びの喪失、エネルギー不足、睡眠障害などが主な症状となる疾患です。

妄想性障害とは異なり、うつ病では特定の妄想が支配的な症状ではありませんが、患者はしばしば自己評価が低くなり、無力感や絶望感を抱くことがあります。

共存する場合: 一部の患者は、妄想性障害とうつ病が同時に存在することがあります。この場合、治療のアプローチは患者の症状やニーズに基づいて選択されます。

抗精神病薬や抗うつ薬、心理療法などが組み合わせて使用されることがあります。



【妄想性障害の症状】

(被愛型)
誰かが自分に恋愛感情をもっていると思う妄想。特定の相手に電話やメールまたはLINE等で接触を図るようになり、ひどくなるとストーカー行為に至る場合もあります。


(嫉妬型)
恋人や配偶者が浮気していると思い込む。 はっきりしない証拠から誤った推測を信じ込み、言い争いや身体的な暴力をふるう可能性があり、傷害事件に発展するケースもあります。


(被害型)
見張られていると思い込んだり中傷や嫌がらせをされていると思い込む。また、誰かに騙されていると思い込み、自分に危害を加えそうな相手に対し激しい怒りを持つことで暴力的になったりします。


(身体型)
自分自身のことを、とても醜いと感じたり、悪臭を放っているのではないかと思い込んだりする。


(誇大型)
自分自身が卓越した才能や見識を持っている、または重大な発見や開発をしたと根拠もなく思い込んだりします。 例えば、有名人と特別親しい間柄にあると勘違いしたりします。>


◎妄想性障害の治し方

妄想性障害の人は非常に疑い深いため、カウンセラーと良い関係を築くのが難しい場合があります。本人が治療に参加するのを促すために何らかの妥当性のある疑念については認めようとすることがあるので他者に対する解釈の仕方や考え方の癖を本人に認識させ正しい考え方に修正するように導きます。

当店では認知行動療法により改善するようにしていきます。


妄想性障害でお悩みの方は是非一度、当店で認知行動療法を試されては如何でしょうか?





内閣府特別機関 日本学術会議協力学術研究団体
メンタルケア学術学会認定
★メンタルケアカウンセラー

心の翼 岡山店 店長
心理カウンセラー
今泉 勝 (Imaizumi Masaru)

通称(まっさる)
★ご利用の流れはこちらから

  
 

  アクセスマップ  ・Access Map・




岡電バス岡南営業所より西へ徒歩5分 JOYFIT奥田店南側


Copyright © 2008 メンタルケアサロン心の翼 岡山店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 岡山店